see more 2009-06 - ponnao-clip

Home > アーカイブ > 2009-06

2009-06

Power CMS for MT(Movable Typeベースの多機能CMS)

■お気に入り挙手人数
18(第4位 8社中)

■長所
今までのMTの知識を生かせます。

ぶっちゃけ多すぎwww★Power cms for MT
http://powercms.alfasado.net/

■お気に入り挙手人数
18(第4位 8社中)

■長所
今までのMTの知識を生かせます。

ぶっちゃけ多すぎwww
確かに今までの知識を生かせるというのは魅力的なのですが、
それだったら、このソフトは使わないで、自力解決か妥協点を見出すと思う。

■公式サイト
ホームページを作成しよう! – 簡単ホームページ作成サービス – Jimdo

■お気に入り挙手人数
8(第7位 8社中)

■概要
・Ajaxベースのオンラインウェブサイトビルダー
・直感的に編集できる管理画面がウリ

■導入サイト
建築模型・住宅模型のAutoCAD入力・建築模型製作(アクリル模型/紙模型)|模型制作のCADYA:きゃどや

■これからの展開
個人がテンプレート等を売れるシステムを作るらしい。

■操作所感
これは、今年頭くらいにはてなで話題になってたので、
そのときに登録してちょっと使いました。
確かに直感的に編集できる部分もあるのですが、使いづらい部分もありました。
編集したい場所が、なかなか編集できなかった覚えがあるのよねー
独自ドメインが使えるところはいいなと思ったのですが、
商用で採用するには、まだイマ一歩な印象です。
個人サイトには十分なサービスだとは思いますが。
これからに期待。

■テンプレートデザインコンテスト結果
開設当初は、テンプレートデザインコンテストをやってて、その結果が発表になってました。
(送ろうと思ってたのだが多忙な時期だったのでできず…)

グランプリ発表 – Jimdo WebDesign コンテスト

で、一連の展開を見ていると、
ここってデザイナーを取り込もうとしてるのかなというイメージがある。

■公式サイト
bingo CMS

■お気に入り挙手人数
20(第3位 8社中)

■公式サイト

■概要
・小田原の制作会社が開発

■印象
・倍速プレゼンでインパクト大でした。
・ドラッグドロップでbox移動やリサイズ等色々なことができる印象
・ビジュアルに特化している。DTPぽい

■公式サイト
a-blog cms – Web制作者のためのCMS

■お気に入り挙手人数
50(第1位 8社中)

■金額
52.500円(リリース記念パック)
今回のセミナー出席者はライセンスをもらえる。

■キャッチフレーズ
・制作会社が作った制作会社のためのツール(MTでかゆかったところに手が届く感じ)

■概要(長所)
・開発情報を公開し自作可能
・公式オプション機能の充実
・DW等のオーサリングソフトとも親和性がある。
・問合せフォームは標準搭載
・ルール機能で、携帯用のサイトも作れる(表示の切替えができる)

■導入サイト
試合結果 | 【 jProject 】ジェイプロジェクト硬式野球部

説明:管理画面もカスタムフィールドをhtmlで作りこむことができる。
画像と文章をブロック単位で分ける
提案:WYSIWYG(ウィジイグ)エディターは逆に使いずらいのではないか←同感

■OSでの例え
セッションでのOSでの例えがおもしろかったのでメモ書きw
MT=windows
WP=リナックス
a-blog=mac osX
とにかくマックが好きなんだ!というのは、よく伝わってきた。

■代表者レポート
a-blogの開発会社アップルプルの代表のブログです。
しゃべってる人が代表じゃなかったのね!
CSS Nite LP6 国産CMSリベンジ編に参加しました - kazumich.log

■総評
一番使いやすそうかもと思いました。
まさに制作者が制作者の作業効率をよくするために作ったというのが、
プレゼンからも伝わってきましたよ。
他の出席者も同じ印象だったようで、お気に入り人気もNO1でした。
セミナー出席者はライセンスをもらえるようなので、一度試してみるつもりです。

■公式サイト
CMSならRCMS – あらゆる要望に応える最強のCMS

cremaさんの相方の人がやたらと推薦していた。

■お気に入り挙手人数
30(第2位 8社中)

■概要
・元々、早稲田大学ラグビー部サイトで使われていたシステム(現在も使っている)
・Saas版とサーバインストール版がある
・WYSIWYG(ウィジイグ)エディター使用

■作成動機
・情報入力と情報設定を混載させたい。
・メタデータでコンテンツを保存
・ページでWebサイトを表現したい

■導入サイト
iran travel, tourism and touring – [Official website] – Your travel guide to Iran(四ヶ国語)

■管理画面
・モジュール豊富
・モバイル版の項目がある

■総評
なにやらすごそうなのだが、プレゼンがわかりにくかった…。
只メタデータで情報を管理というのはおもしろいと思った。

■その他
なぐり書きで「西村~事務所」とノート書いてあったが、自分でもわからなくなっちゃって!
ネットで調べたら他の方のレポートに書いてあってわかりました。

プレ前後にこのRCMSを利用した方が、「MovableTypeで独自のプラグインを開発して作ったという法律事務所のアレみたいなものが、簡単に出来るんですよ!」って言ってたのは、Business Architectsが手がけた「西村あさひ法律事務所」のウェブサイトだと思います。
ありがとうございますm(_ _)m
CSS Nite LP6「CMSリベンジ編」レポート – Luigi★Box

■公式サイト
CMS Designer – デザイナーの為のコンテンツマネジメントシステム

■金額
52.290円(サイト登録で10%割引)
※お試し、個人利用は無料

■お気に入り挙手人数
18(第4位 8社中)

■キャッチフレーズ
デザイナーのためのコンテンツシステム

■導入サイト
越前打刃物 武生刃物卸商業協同組合 ホーム
丸山昭一税理士事務所[札幌]
酒ネタ.com
株式会社 一光社プロ作成
越前和紙の里|伝統と歴史がいきづく和紙のふるさと

■長所
・管理画面がシンプル(レクチャーがラクかも)
・Fckeditorにも対応

■実演
・テンプレートをFTPでアップしてる(驚)
・if文の例:有料タグを出す・有料のみを抽出
・リファレンスマニュアルあり
・xslでできることは何でもできる

■質問
先頭タグの問題
互換モード DWでも表示崩れの問題アリ。

■総評
とにかく管理画面がわかりやすそうなとこに惹かれました。
導入サイトを見ると、観光系のサイトに特化している印象が。
確かに画像アップの仕方が素人さんにもわかりやすそうだなと思いました。
酒ネタ.comとかのポータル系に合っているシステムなのかな。
でも、実演を見ている限りでは、カスタマイズがやりにくそうな印象も感じた。
お試しで一度使ってみるつもりではいます。

■公式サイト
CMS (コンテンツマネジメントシステム) WebRelease 2

■金額・ライセンス
Enterprise Edition 300万
WorkgroupEdition 50万
※一つのライセンスで複数のサイトを作成できる

■お気に入り挙手人数
3(第8位 8社中)

■特徴
・パッケージ型でCDが送られてくる
・静的CMS→SEOに有効
・フォーム型の入力画面

■タグ例

%タイトル%

if文・for文が使用できる。

■導入サイト(株式会社ボール制作)
日産自動車ホームページ
ストリートファッション マーケティング ウェブマガジン ACROSS(アクロス)
(WebRelease2をxml→FLASH書き出しなどの用途に使用)

■総評
とにかく金額にひるみます。うちではたぶん使うの無理だろうなぁ~
膨大なデーターベースを蓄積する大手企業向けでしょうか。
色々拡張性がありそうだなということは理解できたのですが、
参考サイトのプレゼンに終わってしまった気が…
どんなことができるかや管理画面の使い勝手をもう少し詳しく説明してもらいたかったです。

■公式サイト
使いやすい!簡単便利で高機能なSOY CMS無料で公開中

■金額・ライセンス
無料(オープンソース)

■お気に入り挙手人数
20(第3位 8社中)

■特徴
・コンテンツと記事が分離している
・HTMLそのままテンプレート
・プレビューからmテンプレート・cssの編集ができる
・タグ例

  • 繰り返す部分をblockidで囲む
    ・アイコンフィールド←プラグインで提供

    ■拡張機能
    ・プラグインとSOY-app
    テンプレートとHTMLでサーバにエクスポートできる(DWとのシームレスな連携)
    ・SOY inquiry(お問合せフォーム)

    ■動作環境
    APATCH5.25/MYSQL/SQlite

    ■感触
    ・小規模のサイトに向いてそう
    ・部分的導入もできそう?

    ■総評
    一年くらい前にwebsigのオープンソースセミナーで知ったのですが、
    その時よりだいぶ洗練されたという印象を受けました。
    あの時はMTでいいかなぁと思ったけど、今回は使ってみたいなぁと思いました。
    何よりもオープンソースだということが強みだと思います。
    テスト的に使ってみてよさそうだったら、小規模サイトに使ってみたいと思います。

    ■参考
    dakinyさんのチュートリアルはこちら
    【SOY CMS】 XAMPPにSOY CMSをインストールしてみた: 世界中の1%の人々へ
    SOY CMSは、SOHOやWebデザイナーの救世主になるかもしれない: 世界中の1%の人々へ

    CSS Nite LP, Disk 6(LP6)「CMSリベンジ編」(2009年6月27日開催):国内産CMSに特化したセミナー

    行ってきました。
    ちょうどMTの重さに辟易してたところだったので、身が入りました。
    充実したセミナー内容で、楽しめつつ勉強になりました。

    以下、個別記事です(この方が後から検索しやすいかと)

    SOYCMS[国産CMSセミナーレポ1]
    WebRelease2[国産CMSセミナーレポ2]
    CMS Designer[国産CMSセミナーレポ3]
    RCMS[国産CMSセミナーレポ4]
    a-blog cms[国産CMSセミナーレポ5]
    bingo CMS[国産CMSセミナーレポ6]
    Jimdo[国産CMSセミナーレポ7]
    Power CMS for MT[国産CMSセミナーレポ8]

    <注意>
    ※基本、時間が経ってから、殴り書きのメモをまとめたので、読み返すと自分でもなんじゃこりゃ?という箇所もあります。ご容赦を。
    ※他のレポートとの差別化としては、「金額・ライセンス」と「お気に入り挙手人数」(←ちょっとウロ)と「導入サイトへのリンク」を全て入れました。

    ■全体総評
    ・SOYCMS、CMS Designerにしても独自のタグがあるので、その把握と慣れが必要。
    ・エンドユーザーが使いやすい管理画面にポイントが置かれていたような気がする。
    ・WYSIWYG(ウィジウィグ)エディターの読み方が初めてわかりました!
    あとみんなも使いづらいんだ・・・と思ってることがわかりました…(爆)
    ・試してみないことには!!
    ・やっぱりMTにあまりこだわる必要はないか…という考えに流れつつあります。

    ■他の方のレポ(主に名の知られてる人中心で)

    CSS Nite LP6「CMSリベンジ編」レポート – The blog of H.Fujimoto

    CSS Nite LP, Disk 6「CMSリベンジ編」の感想[to-R]

    CSS Nite LP6に行ってきました。|fuuri.net

    エラー 324 (net::ERR_EMPTY_RESPONSE): 不明なエラーです
    http://www.koikikukan.com/archives/2006/04/26-015057.php

    Home > アーカイブ > 2009-06

    MESSAGE
    3月11日の東北地方太平洋地震で
    被災された方、親しい方が被災された方に、
    心よりお見舞いを申し上げるとともに、
    被災地の一日も早い復興を
    心よりお祈りいたしております。
    PROFILE

    横浜在住。
    横須賀でWeb制作の仕事をしている
    へっぽこ兼業主婦です。
    ガチャピン似。


    A RELATED SITE
    くまのがっこうブログパーツ
    TODAY’S COLOPLA COLONY
    FAVORITE SHOP
    RECOMMEND COMIC
    【送料無料】しろくまカフェメロン味!

    【送料無料】しろくまカフェメロン味!
    価格:680円(税込、送料別)

    【送料無料】なのはな

    【送料無料】なのはな
    価格:1,200円(税込、送料別)

    【送料無料】昭和元禄落語心中(1)

    【送料無料】昭和元禄落語心中(1)
    価格:590円(税込、送料別)

    【送料無料】テルマエ・ロマエ(4)

    【送料無料】テルマエ・ロマエ(4)
    価格:714円(税込、送料別)

    TWITTER
    POPULAR ENTRY
    BOOKLOG

    PONNAO’S RAKUTEN FAVORITE

    YOUR’S RAKUTEN FAVORITE

    Return to page top